「1日の終わり」がギャンブルにもたらす影響の意味

この言葉はギャンブル用語としてよく登場しますが、テレビや新聞などでもよく使われています。人はカジノへ行ったり運任せのゲームに参加する際には、少しでも利益を出そうとして行動を起こすのが普通です。ただ、ギャンブルやネットギャンブルで生計を立てている人の多くは、正しい心構えを知っています。自制心があり、諦めずに粘る作戦を使い、途中で起こる様々な要因や衝動に惑わされることもありません。しかし、中には有効な戦略を持たず、偏った考え方に流され、数学的な判断力に乏しく、そしてやめ時を知らない人もいるのです。

「1日の終わり」がギャンブルにもたらす影響による現象

「1日の終わり」 がギャンブルにもたらす影響とは、もうすぐゲームが終わるという心理的焦りによってプレイヤーの戦術や戦略に様々な変化が起こることを意味します。これは状況が計画通りに進んでいない場合にプレイヤーや顧客、あるいはクライアントに現れる現象です。ギャンブルを例にとると、負けそうになっているプレイヤーによく見られるもので、勝って挽回しようと焦るため、一か八かの勝負に出てしまうような現象を指します。 

 

ギャンブルのプロはこのような現象に対して、自制心を養い、理性のみに従ってゲームをし、事前に練っておいた計画や戦術に基づく数学的な計算をゲームの最後まで忘れないようにとアドバイスしています。

ゲームが劇的な局面を迎えた時に沸き起こる衝動や欲求を抑えるのは容易なことではありません。最強のギャンブラーは冷静さと自信に溢れ、「1日の終わり」がギャンブルにもたらす影響には決して惑わされないのです。

1日の終わりがギャンブルにもたらす影響の背景 

この作用は、ウィリアム・マクグロスリン (1956) とムフタール・アリ (1977)が競馬場での賭けのパターンを観察を通じて発見しました。マクグロスリンとアリは、人々がその日の最後のレースに賭ける際に、控えめではなく大胆に大穴を狙う率が大幅に大きくなっていることに気がついたのです。

ギャンブルの黄金律

人生にはルールがありますが、それに従うかは本人次第です。同様に、ギャンブルにも黄金律がありますが、それに従うかはプレイヤー次第です。ただ、知っておくべきことは、黄金律とは無視すると重大な結果を招き、従えば良い結果が生まれる性質のものだということです。では、いつリスクをとるべきなのでしょうか。リスクをとるタイミングに制限はありませんが、とるべき瞬間と、とってはいけない瞬間とを見分けることが非常に大切です。

ギャンブルにはファンなら誰でも知っている黄金律があります。1日の終わりには賭けをすべきでないというルールです。失った金額は、大きなリスクをとることでは決して取り返すことはできません。大きなリスクをとらなければ、負けゲームを挽回できないと考える気持ちもわかりますが、統計によるとそういう行為が長期的にもたらすのは、更に損失が増大するという結果であることが明らかになっているのです。

この影響が経済学者の関心を集めている理由 

様々な要因があるため、答えはそう単純でないかもしれません。しかし、実際にこの影響を受けた行動は、主観的期待効用理論(節制・自制心における中心理論)に基づく予測と一致していないために、彼らの関心を引いているのでしょう。この理論は、人はリスクの高いギャンブルをする場合、確率や予想される結果を比較検討し、常に最善の結果を選ぶという理性的な選択をするはずだというものです。

まとめ

「1日の終わり」がギャンブルにもたらす影響を回避するには、理性に基づいた判断を常に下す必要があります。一般的に、人生においては多くのことに対して戦術や戦略を持つことが必要です。それによって成功や望む目標により着実に到達できるからです。人生とギャンブルは幸運や知識、そして規則など、同じもので成り立っています。ギャンブルではリスクをとることも時には必要で、そうしなければ儲けることはできません。だからと言って、リスクはやみくもに取るのではなく、最小限に留めておくべきものなのです。